日刊オレラ

極上のひまつぶせるマガジン!

小説

梅雨入りですね~雨の日に読みたい漫画・小説 4選~

画像:http://free-photos.gatag.net/2013/07/26/110000.htmlこんにちは、無一です。 関東地方も梅雨入りのニュースが…まだひと月近くは、梅雨です。 雨降りの日に読んでみようと思い出す漫画・小説を中途半端に4本、ご紹介しますね。

【小説】第11話『顧問現る』~異世界バンドマンは世界を救わない~

イラストbyまがたさん 僕ら、桜木高校軽音部にはある秘密がある。

【小説】 第10話『異世界バンドマンは世界を救わない』~異世界バンドマンは世界を救わない~

イラストbyまがたさん あれから一ヶ月が経った。この一ヶ月間、カナリア達はこちらの世界にやってきていない。おかげでこっちはずっとやきもきしていた。

【小説】 第9話『また会いに行くから』~異世界バンドマンは世界を救わない~

イラストbyまがたさん 「それでは……」 「「乾杯!」」 神殿の客室。そこで僕達はジュースの入ったグラスで乾杯をした。

【小説】 第8話『鳴らせギター!』~異世界バンドマンは世界を救わない~

イラストbyまがたさん それから数日後。異世界での打ち合わせが行われ、ライブの開催が無事決定した。

【小説】 第7話『リベンジと真相』~異世界バンドマンは世界を救わない~

イラストbyまがたさん 早速神殿へと向かう。すると入り口の前で門番に止められた。 「ここから先は関係者以外立ち入り禁止だ」

【小説】第6話『現実世界に帰って』~異世界バンドマンは世界を救わない~

イラストbyまがたさん 薄暗闇の中で僕はギターを弾いていた。とても気持ちのいい、最高の演奏。これは夢だ。そう悟った瞬間、薄暗闇が晴れていく。僕の意識は次第に覚醒していった。

【小説】第5話『初ライブ!』~異世界バンドマンは世界を救わない~

イラストbyまがたさん それから一週間、ライブが始まるまで僕達は練習を続けた。しかしナゾの違和感は残ったまま。いくら練習しても違和感は消えなかった。

【小説】第4話『二人の神官とライブの準備、そして違和感』~異世界バンドマンは世界を救わない~

イラストbyまがたさん 「早速ライブの打ち合わせをしましょう。クック、ロビン。入ってきて良いわよ」 カナリアがそう口にすると、部屋に二人の女性が入ってくる。二人共白い甘ロリドレスを着ていた。

【自主企画】 第1回note小説大賞開催のお知らせ 【告知】

どうも、海見みみみです。 実はこの度、クリエイター向けのSNSサイトnoteにて、小説のコンテスト『第1回note小説大賞』を開催する事になりました! note.mu

【小説】第3話『異世界の事情』~異世界バンドマンは世界を救わない~

イラストbyまがたさん 「さぁ、それでは参りましょう!」 カナリアが目の前の空間を指でなぞった。すると異世界に繋がる穴が生まれる。僕らがその中に入ると、一つの街が広がっていた。

【小説】 第2話『軽音部のメンバー達』~異世界バンドマンは世界を救わない~

イラストbyまがたさん 翌日、僕は放課後まで一日中ボーっとして過ごしていた。突如異世界の女神様と出会って、世界を救う事になる。そんな突拍子もない出来事がまさか僕に訪れようとは。今でも納得いかず、ずっと考え込んでいる。

【小説】 第1話『異世界へようこそ』~異世界バンドマンは世界を救わない~

イラストbyまがたさん ギターをかき鳴らしている時だけ、僕は自由になれる。僕は僕という存在から開放されるのだ。