読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日刊オレラ

極上のひまつぶせるマガジン!

戦うお姉さんはお好き? 女子よ、今こそ立ち上がれ!



 オレラっこのみなさん、こんにちは。

ミーハーな、たまさき姉さんよ。

 

いきなりなんだけど、戦うお姉さんは好きかしら?

わたしは大好きなの。実在している人物でも、漫画でも映画でもアニメでも、好きになるのは「芯がしっかりとしている、意志の強いお姉さん」なの。

 

「尻に敷かれそうだからパス」っていう意見もわかるし、

「いやーん助けてー(ウルウル)」でモテちゃう作戦もわかる。

でもそれ、若い娘とお年寄りに限るわよ。

 

いい? 世の中はね。甘くないの(真顔)。

これからは、ピリッと自立して、この戦場のような世間を生き抜かなきゃあイケナイの!!

 

じゃあ誰を見本にしたらいいのか。

そんなわけで、個人的オススメ戦うお姉さん特集を始めるわ。

 

 

 

一度は真似して叫んでみたい「FBIーーーー!」クラリス捜査官

 

 

羊たちの沈黙 [Blu-ray]

 

出展:http://www.amazon.co.jp/

 

1990年公開映画、『羊たちの沈黙』の登場人物、クラリス・スターリング。

初代はジョディー・フォスターが演じたわ。

 

天才的精神科医でありながら、おぞましい連続殺人の罪で収監されている、レクター・ハンニバルとの不思議な関係。

クラリスはFBI訓練生。

 

連続殺人犯バッファロー・ビルのヒントを聞くためにレクター博士と出会うんだけど、レクター博士はクラリスの持ち物や挙動から、クラリスが心に負った過去の傷を見抜いてからかうわけ。

 

でもレクター博士は、クラリスの聡明さや本質を気に入ってか、わかりにくいようでわかりやすいヒントを与えていくの。

レクター博士とは自分のトラウマを吐き出すことを条件に、ヒントをもらって事件を解決させるんだけど、タイトルにある 「羊」は、クラリスにとっての悪夢の象徴なの。

 

クラリスの夢の中で羊たちの悲鳴が止み、沈黙するころ、クラリスとレクター博士の不思議な縁も終わる……はずだった。

 

この作品以降、レクター博士の異様な執着と、世間からのバッシングをうけることになるクラリス。

心身ともにボロボロになるクラリスは、またもレクター博士と行動を共にするのですが、それは純粋な愛なのかと聞かれると、ちょっと違う。

 

レクター博士にも癒えない心の傷があり、クラリスもレクターに対して肉親の面影を感じているみたい。

 

不思議な背中合わせの関係だけど、レクター博士におんぶに抱っこじゃなくて、あくまでも「助言」を元に問題解決しているのよ。

 

映画も原作も、ちょっとグロッキーな描写があるから、みんな絶対に観てねーとは言えないんだけど、クラリス捜査官の姿から学ぶものは、何かしらあるわ。

 

「閣下のためなら命をかける」ガンダムWの眼鏡っ娘、レディ・アン

 

f:id:rikotamasaki:20150708160659p:plain

出展:http://www.gundam-w.jp/

ガンダムシリーズには数多くの戦うお姉さんが出てきますけど、世代的にわたしは彼女を推すわ。

 

丸メガネが印象的なレディは、聡明で冷徹。ガンダムパイロット側とは敵対している組織、OZの統帥トレーズの腹心なのよね。

 

このレディ、19歳なんですって!!

色気ありすぎるし、なによりもトレーズに対しての愛が妄信的すぎて、どんな作戦でもトレーズのためならやっておしまい!! なんです。

 

恋は盲目っていうものね。

彼女の指揮する作戦で、ガンダムパイロットたちは苦戦を強いられることも。

賢いっていうのは武器になるってことよね。

 

メガネを外せば美人だし、時にお色気も武器にするの。

でもね、武力行使はよくないし、愛する人のために戦っているのに、愛する人の戦う理由が自分と思っていたこと違うと知った時、彼女はボロ雑巾のようになったわ。

 

その後はなんとか気持ちを持ち直し、冷徹な人間性にも温かみが見られるようになるので安心して。

 

戦場に生きるしかなかった女性、レディ・アンの原動力は「愛」だったんだけど、妄信すぎては身を滅ぼすことを痛感するし、それでもやっぱり誰かを愛していたいなと考えさせてくれる素敵なレディよ。

 

あらやだ、熱く語っていたら、結構な文字数よ。

まだオススメがいるんだけど、次回に紹介するわね!

続くのよ?

 

今回ゴリ推しした二人の共通点はね、困難に対して懸命に立ち向かう姿を、「誰か」が見ていたことと、手を差し伸べられて、手を伸ばすのではなく、背中を押してもらって跳躍力をつけていることかしらね。

 

他力本願じゃない。

でも、時には弱い時もある。

だけど、それすらもジャンプ台にする芯の強さよ。

 

週末にちょっとDVDなど観て、理想のお姉さん探してみない?

 

rikotamasaki.hatenablog.com