読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日刊オレラ

極上のひまつぶせるマガジン!

【おでかけ】思い切り遊びたい!学びたい!まとめパート1【首都圏版】 

まとめ 紹介




前回記事では狂気を見せつけてごめんなさいね。暑かったからよ。

 

さて、夏休みが終わったあとも、9月に控えてるシルバーウィーク!

やったー! 私には関係ないぜーーー!!

でもそんなの関係ねえ!

f:id:rikotamasaki:20150826092301j:plain

出典:写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

 

逆ギレしつつ、休みをゲットしている素敵なオレラっこのみんなに、首都圏の遊び場情報を提供しますわ!

 

 

【埼玉】サイボクハム 【牧場・温泉・買い物・グルメ】

www.saiboku.co.jp

池袋から約40分、車なら圏央道・関越道であっという間。

埼玉県日高市にあるサイボクハムは、豚さんと触れ合った後は美味しい焼肉、ステーキ料理を堪能して、温泉でリフレッシュできる、サイボクハム直営施設なのよ。

 

サイボクハムでできること

【遊び】

トントンハウスで豚さんと触れ合ったり、ミニアスレチックで思い切り体を動かせるので、小さなオレラっ子にもオススメ!

大きなオレラっ子は、パークゴルフや陶芸教室も楽しめると思うわ。

 

【買い物】

工場直営のミートショップや、新鮮とれたて野菜を販売する楽農ひろばでお買い物。お土産にしても喜ばれること間違い無しね。

出来立てのデリカも販売されているから、小腹が空いたらレッツゴーよ。

 

【食べる】

レストランサイボクで、ステーキ、焼肉、洋食のカテゴリーから好みの食事を楽しめるの。

 

気軽に、もう少しライトなものをたくさん食べたいよくばりさんは、キッチン&カフェテリアをオススメするわ。

パリパリジューシーなソーセージが魅力的な、ホッとんドックや、とんテキなどを堪能しましょ!

f:id:rikotamasaki:20150826094739j:plain

 

出典:サイボクハム » キッチン&カフェテリア

 

【温泉】

がっつり食べて、動いて、豚さんと戯れた後は「天然温泉花鳥風月」

で癒されて!

泉質は、疲労回復や冷え性の改善に効果的と言われる、高濃度炭酸泉よ。

贅沢したいオレラっ子は、エステやマッサージなどを予約するといいわね。

施設内の「レストラン花鳥風月」では、個室(別料金)でゆっくり食事をすることもできるので、家族総出でおでかけしてみてね。

 

大型連休は混雑が予想されるので、定休日や予約についてはサイボクハムHPで確認してくださいな。

サイボクハム・・・http://www.saiboku.co.jp/

 

で、シルバーウィークって美味しいの?

眉間にシワが寄ってきたけど、みんなのためにもう少し紹介するわね。

 

【東京】 エプソンアクアパーク品川

www.aqua-park.jp

2015年7月に生まれ変わった、都心部の水族館よ。

JR品川駅から徒歩2分。新幹線も止まるターミナル駅だから、都内観光を予定しているオレラっ子もぜひ立ち寄って欲しいわ。

 

みんな大好きちんあなごはもちろん、淡水から広い海の魚たちを眺めるだけで癒されるわ。

 

エプソンアクアパーク品川のみどころ

一番のみどころは、ドルフィンパフォーマンス!

f:id:rikotamasaki:20150826102640j:plain

photo:tamasaki

デイバージョンとナイトバージョンでイルカたちのパフォーマンスが違うから、両方見れたらラッキーね。

 

 

大型円形プールの、リズムに合わせて違った姿を見せるウォーターカーテンが観客のテンションをアゲるわよ!

 

f:id:rikotamasaki:20150826102835j:plain

photo:tamasaki

ショーを見るとき、観客席の前方4列目、5列目まではガッツリ濡れるからカッパ必須よ。傘はさせませんの。

タオル被っとけばいいやって考えは甘いわよ!!!

ドルフィンパフォーマンスの開演時間は変更する可能性があるから、おでかけの日にチェックしてね。

www.aqua-park.jp

 

クラゲを見よう

イルカちゃん以外にも、クラゲ好きのオレラっ子はぜひジェリーフィッシュランブルのコーナーにいきましょ。

光と音に合わせて、クラゲたちの水槽やフロアが演出されるの。

すごく綺麗で、悔しいけどカップルにオススメのデートスポットよ。

 

私はひとりでもいけるわよ!

「りこ、怖くないもん!!!(某ジブリ映画の幼女風に)」

 

ドリンク

飲み物が欲しくなったら、館内にあるコーラルカフェバーへ。

発光サンゴにブラックライトを当てた幻想的なコーナーよ。

ここにはボトルアルコールとソフトドリンクを販売していて、飲み歩きOKですの。

 

お土産コーナーも広めに設けられているので、ちびっ子から大人まで飽きない水族館。

近くの人も、観光で都内に来る方も、一度は行ってみてほしいわ。

 

いかがだったかしら。

ここまで書いて、今回の私のテンション低くないしらって思ってるんだけど、そんなことないわよね。

 

次回はオトナ向けのスポットを紹介するわね。

 

 

 

記事を書いたのは、クラゲ飼いたいたまさき りこ でした。

たまちき じゃないです。悪しからず。

いいね!もよろしくお願いします!

 

▶掲載作家募集開始!