読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日刊オレラ

極上のひまつぶせるマガジン!

【新作映画紹介】キアヌが殺しにやって来た『ジョン・ウィック』(2015年10月16日(金)全国劇場にて公開)【キアヌ・リーブス】

映画 紹介




http://www.johnwickthemovie.com/img/gallery/img_10.jpg

画像出典(エンベッド):http://www.johnwickthemovie.com/theatrical.php

 

キアヌ・リーブスの個性的な私生活ぶりについては本サイトでも取り扱ったが、

そんな彼が本国公開から約一年の時を経て、日本のファンを「殺しに」やって来た。

既に耳が早いファンの間では話題になっているその映画の名は『ジョン・ウィック』だ。日本では10月16日(金)全国で公開が始まるが、本記事ではその公開に先駆けて本作の監督や主人公ジョン、そしてジョンがキレた理由について迫っていきたい。

 

 

あらすじ

ジョン(キアヌ・リーブス)は愛する妻、ヘレン(ブリジッド・モイナハン)と幸せな日々を送っていたが、ヘレンは病に倒れてしまう。そんな彼の唯一の心の救いは亡き妻が残してくれた子犬のデイジーだった。そんなある日、ジョンはガソリンスタンドで見知らぬ男(アルフィー・アレン)に「この車いくらだ?」と聞かれるも「売る気はない」と答えその場を去った。その夜、物音で彼が目覚めると覆面の男達に襲われ、車は奪われ、デイジーも殺されてしまう。声を掛けてきた男はマフィアのボス(ミカエル・ニクヴィスト)の息子だったのだ。家に帰った男に待っていたのは何故か激怒した父親だった。父親は息子に向かってこう言う。「問題は”やったこと”じゃない。”誰にやったか”だ。」

 

 

ポイント

 

第二班出身の監督

本作の監督であるチャド・スタエルスキ *1は監督としては初作品だが、元々は第二班*2のスタッフとしてこれまで映画に関わってきた。そんな彼とキアヌの出会いはウォシャウスキー兄(姉)弟監督作『マトリックス』でチャドがキアヌのスタントマンをしたことだそうだ。*3*4

その後、お互い着々とキャリアを重ね、時には同じ作品に携わりながら*5十五年の月日を経て、チャドの初監督作にキアヌが主演するという時が来た。

スタントマン出身の監督のアクションシーンは必見であることは言わずもがなだが、二人の信頼関係が生んだ作品であるということも見逃せない。

 

"one man army"

本作でキアヌが演じるジョン・ウィックは「伝説の殺し屋」と呼ばれる。果たしてどれくらい強いのだろうか?ここで映画情報サイト「Internet Movie Deta base」(通称IMDb)にて本作『ジョン・ウィック』に付けられた「Prots Keywords」(ニコニコ動画で言う「タグ」の様なもの)を見てみると「one man army」という聞き慣れない言葉がある。この意味は「一人で一軍隊と同等の兵力を持つ男」という意味だ。

そんな男がキレたことがわかれば何をしでかすかわからない。裏社会の様々な組織が彼を止めようと躍起になるが・・・続きは劇場で確認して欲しい。

 

ただの犬

上に載せた予告編動画の1:01~の部分を観て欲しい。怒らせてしまった男の父親でありマフィアのボスのヴィゴが「just a dog!」と言っているのがわかる。字幕では「なぜそこまで?」と出ているが直訳すれば「ただの犬だぞ!」*6と言っている。確かに大殺戮を行った理由が「愛犬を殺されたから」というものでは釣り合いが取れないように思える。しかし、この犬が死ぬことはジョンとってただ愛犬が死ぬということではなく妻ヘレンがもう一度死ぬという意味も持つのだ。一度目は神に、二度目は寄りによってバカなボンクラに最愛の人を殺されたジョンの怒りは止まることを知らない。

 

 

いかがだっただろうか?ここまで読んだあなたは、既にこの「殺人級」のアクションシーンが拝める本作を観る準備が出来ている。

もちろんこういったタイプの映画が苦手な人に無理強いはしないが、キアヌファンと愛犬家は10月16日に劇場に駆けつけよう。

 

 

 

作品情報

 

 

                               www.youtube.com

 

『ジョン・ウィック』

公開年:2014年(日本公開は2015年)

監督:チャド・スタエルスキ

出演:キアヌ・リーブス、ブリジッド・モイナハン、ミカエル・ニクヴィスト、ウィレム・デフォー

 

 

 

 

▼この記事を書いた作家▼

 

*1:Chad Stahelski - IMDb

*2:映画を作るスタッフの中でもセカンドユニットとも言われる第二班は、主にアクションを担当する班のことだ。

*3:Keanu Reeves, 'John Wick' Directors on How Their 'Matrix' Past Helped With Assassin Film - Hollywood Reporter

*4:ちなみに正確には『マトリックス』ではなく『ポイント・ブレイク』で初めてキアヌのスタントマン(クレジット無し)をしているのだが、お互い面識が無かったのかそこに言及した記述が無いので詳しくは不明。

*5:『リプレイスメント』や『コンスタンティン』では同じくチャドがキアヌのスタントをしている。

*6:流れを汲み取ってきちんとした文章にすると「ただの犬一匹の為になぜそこまでするんだ?」という意味になる。

▶掲載作家募集開始!